BBカードとは


BBカードってなに?

IMG_3680

「BBカード」の正式名は〝LETTERS & SOUNDS 64” です。 
初めの1枚目に登場する女の子 Betty Botterちゃんの
イニシャルをとってBBカードと呼ばれるようになりました。

 

BBカードは絵カード64枚と
それに対応する文(センテンス)のカード64枚の
計128枚で構成されています。

 

各文はマザーグースや英語の早口言葉を基に
作られているので、韻を踏んでおりリズミカル
です。

 

耳に心地よく、言うのも楽しいセンテンスとなっています。 
英検3級レベルの文法内容や登場頻度の高い単語や
フレーズも組み込まれており
とても考えられているカードです。

 

英検3級ということは中学3年生までの内容です。

 

 

レッスンの中で


IMG_3937(1)
ゲームをしながら繰り返しセンテンスを聞き、
そして真似をして声を出していくうちに、
自然に英語の音とリズムを体得します

ゲームでの大量のリスニングとリピーティングの中で
センテンスを丸ごと覚えてしまいます
。 

そのセンテンスを利用して主語や目的語などを
入れ替えてみたり、時制や文型を
変化させたりしながらゲームをします。

 

子供たちはゲームを楽しんでいるので文法を
学習している(勉強させられている)意識は持っていないでしょう
。 

 

ゲームは語学学習に必要な反復練習を
飽きさせないような方法とし
て利用しています。

 

 

 

自分でわかる楽しさ、言える楽しさ

飽きることなくする反復練習により英語の言語野が育ち、
覚えたセンテンス(先行知識)を頼りに、

習っていない事柄でも自分で類推・推測する力がつきます。

 

 
「与えられて教えられた事柄をただ覚える」のではなく、
「自分でわかる楽しさ・言える楽しさ」を知ります。

この体験が、知的好奇心を育み、自発的に英語を
学習したいという意欲につながります。

 

全体から個へ

以下BBカード開発者 難波先生 著書より抜粋—————-

  
近代ヨーロッパ教育学の創始者として知られている
Johann Amos Comenius(1592-1670)の言葉に
「前もって感覚的に掴んでいるものでなければ
真の理解は困難である。」とあります。

 

このBB64センテンスは英語を感覚的に掴むためのツールです。
英語を感覚的に掴むことにより、

英語を理解できる基礎=土台=英語脳が作られます。

 

この基礎作りをしないで、いきなりアルファベットや
単語を教え徐々に複雑なものを教えるという
これまでの英語指導法のような「個から全体へ」では、
繰り返しが少なく子供たちにとって覚えるという負担が
大きばかりか、なかなか全体が見えません。  

 

けれども、学力の基礎となる「全体」が感覚的に
子供たちの中にすでにあるならば、
個を類推・理解する方法を
訓練することで
自分で分かるという楽しい体験が出来ます。
———————  

 

文が先にインプットされて、そこから語や文字に
フォーカスしていきます。

自分が言える文に対して理解が深まって、更に
「分かった感」を感じる
ことと思います。